ツーショットダイヤルで会話に困った時に役立つ話

shutterstock_337757300-min
ツーショットダイヤルをしてみると、ほぼ確実にコミュニケーションに関する悩みが出てくることでしょう。
例えば「相手が喘いでいるときにどうしていいかわからない」というのはよくある悩みです。

ツーショットダイヤルに限らず、そもそも電話でのコミュニケーションというのは対面よりはるかに難しいものです。
言葉の通じない外国人でも、対面での会話であればある程度のコミュニケーションはとれます。
だけど、電話であればコミュニケーションをとるのが難しいどころか、まったくやりとりができないかもしれません。

ツーショットダイヤルの場合も、女性との会話に困るという悩みはほとんど確実にあると思います。
まったくの赤の他人と電話でやりとりをするというのは、かなりハードルが高いものですからね。
ですが、こればかりは言葉で説明するわけにもいかないので、慣れていくしかないものです。
人見知りをするタイプの人は特に苦しむところだと思いますが、そうでない人でもやりとりが難しいのがツーショットダイヤルですからね。

とにかく経験を積む

ツーショットダイヤルでのやりとりというのは、言葉で説明するよりも実際にやって慣れていくしかない面があります。
何を話せばいいのかわからない、あるいは恥ずかしくて言葉で出ない。
このようなことはスタートしたものであれば誰もが経験することですが、なんとか頑張って行為を終えちゃいましょう。
お互いにどこの誰だかわからないのだから、別に恥ずかしがる必要はありません。

これはツーショットダイヤルに限った話ではないですが、恥ずかしい思いというのは良い格好をしたいから出てくる感情だと思いましょう。
別に格好を付ける必要はないのですから、まずは自分の思うようにプレイしましょう。
そして行為が終わったら「もっとこうしたらいいという点がありますか?」などと質問してみましょう。
はじめに自分が初心者だということを伝えれば、相手だってきちんと合わせてくれますからね。
その点は心配しなくてもいいですから、はじめは女性にリードしてもらいながら楽しみましょう。
そして行為が終わってからご指導をしてもらうようにするといいですよ。

女性の気持ちになって考えてみる

ツーショットダイヤルというのは想像上のセックスということになりますから、やっていることは基本的には普通のセックスと大差ありません。
女性気持ちよくさせることを考える、そして女性に合わせて声を出すことを考えてみましょう。

男性としては、あれこれ行為の指示を出さずに女性に合わせていくのが楽しくツーショットダイヤルをするコツになります。
とにかく女性が気持ちよくなれるように聞き役に徹しましょう。
そうして女性が気持ちよくなって興奮している声を聞くと、こちらも気持ち良くなってくるものですからね。
そして、当然のことですが女性が嫌がることは絶対にしてはいけませんから、この点はマナーを守るようにしましょう。
いくらツーショットダイヤルに慣れていないといっても、最低限の常識は守るべきですからね。
悪いと思っていてもついつい聞いてしまうのが年齢のことです。

男としては相手の年齢が気なりますし、そもそも年齢を聞く行為というのは、何となく話のきっかけにしてしまいがちです。
だからついついクセで年齢を聞いてしまうこともあるのですが、これは絶対にしてはいけません。
年齢に限らず、極力プライバシーに関わることを聞かないのがマナーになりますので注意しましょう。
顔が見えないから、ついつい失礼なことを聞いてしまうかもしれません。

あるいは、少しでも情報を知りたいからといって、悪気はなくてもプライバシーにかかることを聞いてしまうかもしれません。
気持ちはわかりますが、気持ちよくするためにも女性の気持ちを考えて、プライバシーに関わることは聞かないようにしましょう。

始まり方が大切です

女性というのはエッチの際にムードを大切にするということを聞いたことがあると思います。
ツーショットダイヤルも同じで、いきなりセックスにもっていくというのは女性のテンションが上がらないものだそうです。
男としてはさっさと気持ちよくなりたいものなのですが、楽しむためには雰囲気作りというのが大切になってきます。
そのためのコツとしては、お互いに役作りをしてムードを作るという方法があります。

例えば恋人同士だとか、不倫関係など、そのような設定を決めて、その気になりながらツーショットダイヤルをするという方法になります。
電話をしてすぐにツーショットダイヤルをするというよりは、それなりの関係を築いていくことが重要になります。
そうすることで女性としても安心して行為を行うことができそうです。
男としてはすぐに気持ちよくなりたいものなのですが、楽しく行うためにも女性の気持ちを大切にしましょう。
このような、いわゆる前戯がツーショットダイヤルでも重要になってきます。

これがうまくできるようになると、ツーショットダイヤルの上級者と言えるかもしれませんね。
自分が気持ちよくなるだけではなく、女性も気持ちよくさせることを考えてプレイしていきましょう。

ツーショットダイヤル HOME

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ