ツーショットダイヤルの仕組みと料金について

shutterstock_329907179-min
ツーショットダイアルは、ごく稀にセフレを探すためのサイトとして機能する場合もあるのですが、基本的には、チャットレディーと呼ばれるアルバイトの女性たちとコミュニケーションを楽しむサイトです。

サイトを使いこなすために、ひとまずは課金の仕組みについて理解しておくべきだと思います。
そもそも、ツーショットダイヤルというものが日本に広まり始めたのは、1990年代の初めごろですが、その頃はNTTがほとんど公式のサービスとして電話回線を提供していました。
その頃から料金についてはやや割高だったのです。
やがて、ツーショットダイヤルなどを利用した援助交際などが社会問題となり、NTTが表立って堂々と宣伝し、回線を提供することはなくなりますが、ツーショットダイヤルそのものがなくなったわけではありません。

最近ではスマートフォンが携帯端末の主流になったことを受け、ツーショットダイヤルの専門サイトも、スマホ向けのそれへとしっかりシフトしています。
料金の体系は、だいたいが「一分当たり八十円~百二十円」というところでしょうか。
やっぱり割高ですよね。
でも、それは例えば、ファミリーレストランで食事をする際に、自炊するよりかは高い料金を支払うのと同じことなのです。
ツーショットダイヤルというものを、通常の電話ではなくサービスであるというふうにとらえれば、別に料金に関して不当な印象を持つこともないでしょう。

言葉は悪いですが、ぼったくりバーなどに比べれば、よほど手軽、なおかつ安心です。
サイトのシステムはとても単純で、登録も簡単。画面上の指示に従えば、登録の作業自体は五分ほどで終了するでしょうし、あとは自分にとってお気に入りの女の子を選んでお話しするだけです。

すでに書いた通り、ツーショットダイヤルというに登録している女の子は、その大半がチャットレディーです。
セフレ候補として出会いを考えられる女の子が全くいないということはありませんが、やはり、年齢認証が厳しいということもあって、特に若い子はほとんどいないですよね。
だから、女子大生の会員などがもしいたら、その女性はおそらくチャットレディーです。
セフレ候補として出会いがあるとすれば、やはり人妻が有力でしょうか。

ツーショットダイヤルを利用する方は、その大半が、真面目な恋人同士としての出会いを目指しているわけではないはずなので、はっきり言ってしまえば、コミュニケーションをたのしむことができるかぎり、相手がチャットレディーであっても一向に構わないという考え方があるのでしょう。

ツーショットダイヤル HOME

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ